One more time, One more chance 弾き語りギター講座

今回はギター弾き語り講座第二弾ということで、山崎まさよしさんの「One more time, One more chance」をやります。

新海誠さんのアニメ映画、「秒速5センチメートル」の主題歌でも有名な、名曲です。

僕も高校生の時この作品を視聴しましたが、懐かしくも切ない気持ちになれる素晴らしいアニメだったことを覚えています。

前回のエイリアンズよりは簡単なコードですが、雰囲気を出すのが難しい曲です。

僕が演奏した動画のリンクを貼っておきますので、楽譜を見ながら練習してみてくださいね。

では早速イントロ行ってみましょう!非常に印象的で神々しい雰囲気のあるイントロですね。

誰もが一回は聴いたことがある曲なので、イントロ弾くだけで「すごい!カッコいい!」ってなるお得な(?)フレーズですよ!

スポンサーリンク

イントロ

イントロのコード進行

  • Aadd9 | Aaug(9) | DM7 | Dm(13) | Aadd9 | Aaug(9) | DM7 | Dm(13)
Aadd9
Aadd9
Aaug(9)
Aaug(9)
DM7
DM7
Dm(13)
Dm(13)

イントロのポイント

ポジション移動も少なく、比較的簡単なフレーズと言えるでしょう。簡単なのにカッコいい、最高ですね。

ピックではなく指で弾くことで、より雰囲気を出しやすいですよ。

続いてAメロです。前半部分はイントロと全く一緒です。

Aメロ

Aメロのコード進行

  • Aadd9 | Aaug(9) | DM7 | Dm(13) | Aadd9 | Aaug(9) | DM7 | Dm(13) 
  • C#m7 | F#m7 | Bm7 | F | C#m7 | F#m7 | Bm7 | F
C#m7
C#m7
F#m7
F#m7
Bm7
Bm7
F
F

Aメロのポイント

コードネームを見ると複雑そうな印象を受けますが、さほど難しくありません。

エイリアンズの時に説明しましたが、JAZZコードを弾くときは6弦と5弦を同時には弾きません。F#m7とFの時はバレーコードで押さえていますが、右手は5弦を弾かないようにしましょう。

さて、いよいよサビです!音量を上げ、感情を込めて演奏しましょう!

スポンサーリンク

サビ

サビのコード進行

  • Aadd9 | AM7 | G | F# | Bm | Bm(M7) | Bm7 | E  
  • Aadd9 | AM7 | G | F# | Bm | Bm(M7) | Bm7 | E
  • G | Aadd9 | G | Aadd9
Aadd9
Aadd9
AM7
AM7
G13
G13
F#
F#
Bm
Bm
Bm(M7)
Bm(M7)
Bm7
Bm7
E
E

サビの頭のAadd9というコード、イントロやAメロの時とポジションが違いますね。同じコードでも押さえ方が違う、ということは頻繁にあります。なぜならコードにも文脈があるからです。

それからBm→Bm(M7)→Bm7というように、コードの中で半音または全音下がっていく音がある進行を、クリシェといいます。

徐々に下がっていく音があることで、切なさや感情の起伏を表現する時に重宝する進行です。

というか死ぬほどたくさんの曲でこの進行が使われています。この後にも出てきますので、覚えていってください!

カブトムシの記事で詳しく解説していますので、そちらも参考にしてください。aiko「カブトムシ」ギター弾き語りコード解説!この曲で“クリシェ”を完全マスターしよう!

次はCメロです。大サビへつながる橋渡し的な工程であり、この後の大盛り上がりをするため少し変わったコード進行ですので、注目ですよ。

Cメロ

Cメロのコード進行

  • F | G | Am | Am7/G | Am/F#  
  • F | G | Esus4 | E
Am
Am
Am7/G
Am7/G
Am/F#
Am/F#
Esus4
Esus4

Cメロのポイント

ここでもクリシェが登場します。Am→Am7/G→Am/F#と今度はベース音が全音、半音と下がっていますね。

このように、ベース音が下がっていくクリシェのことを、ベースクリシェと呼びます。クリシェは半音だけでなく、全音下がることもあるので、それも覚えておきましょう。

次回はSMAPの「夜空ノムコウ」をやりたいと思います。最後まで読んで頂きありがとうございました。またよろしくお願いします。