優里「ドライフラワー」ギター弾き語りコード解説!16分シャッフルビートを攻略せよ!

ライムちゃん

最近すごく流行ってる曲やんけ!なかなかいい曲だよな!

たけちゃん

楽譜にしてみたら意外と難しかったよー!音数多いしメロディーは難しいし…とにかく見てみよう!

Uフレットでの人気ランキングでずっと1位をキープしているこの曲ですが、楽譜にして分析してみたらポップな曲の裏に色々な秘密がありましたのでシェアしていきたいと思います。

とりあえず弾けるようになったけどなんか上手に聴こえない、上手い人との差を感じる…なんてお悩みの方は当記事で細かいポイントを理解することで解決できるかもしれません。

YouTubeチャンネルに解説動画がありますので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

イントロ

イントロのコード進行

| Cadd9 G | Dsus4/F# Em7 | Cadd9 G | Dsus4/F# Em7 |

イントロのポイント

全てのコードで1弦2弦の3フレットを押さえていますね。ここを動かさずスムーズにコードチェンジすることを意識しましょう。

それからこの曲には”16分シャッフルビート”といういわゆるハネたリズムが使われています。

“16分シャッフルビート“とは、“ハーフタイムシャッフル”とも呼ばれます。タッカタッカタッカタッカとハネたビートで、ウキウキしたり楽しいノリノリの曲に良く使われます。

しかしドライフラワーは、別れた男を嫌いになれず、連絡がきたらついつい返事してしまう未練たらたらな女性目線の曲ですよね。

全然楽しくなさそうなのに、なぜこのシャッフルビートを使ったのか?これをAメロからサビを分析することで解き明かしていきましょう!

Aメロ

Aメロのコード進行

| Cadd9 G | Dsus4/F# Em7 | Cadd9 G | Dsus4/F# Em7 |

| Cadd9 G | Dsus4/F# Em7 | Cadd9 G | D |

Aメロのポイント

ライムちゃん

なんだか恨めしさをひしひしと感じるな…。

たけちゃん

でもシャッフルビートのおかげでAメロは深刻さが中和されているよね。

ずっと愚痴っぽい歌詞がつらつらと続きます。

コードはイントロとほぼ同じで、なんだかはっきりしない響きのコードがほとんどです。

別れた男との恋愛をかなり引きずっているようですが、シャッフルビートのおかげで楽しい思い出を思い出しているようにも感じます。

それからEmではなくEm7が使われている点にも着目しましょう。

この曲はCmを除く全てのマイナーコードに7が付いていますが、マイナーコードに7が付くことによって少し明るい成分を含みます。

m7の上3つの和音がメジャーコードなっているため、このように暗さの中の少しの明るさやおしゃれさのようなものを感じるのです。

まだ引きずっているけど、早く忘れて前を向こうとしているようにも聞こえます。

スポンサーリンク

Bメロ

Bメロのコード進行

| Em7 Cadd9 | D G D/F# | Em7 Cadd9 | D G D/F# |

| Em7 Cadd9 | Bm7 B7 Em7 | Am7 | C B7 |

Bメロのポイント

Aメロに比べて少しゆったり歌う展開ですね。徐々に失恋のつらい感情が盛り上がってきました。

それからここは16分シャッフルの”裏拍”を是非意識して欲しいと思います。

「タンタンタンタン」というリズムの頭に歌詞が乗ることがほとんどありません。

Aメロはあっさり淡々と歌う感じでしたが、Bメロはスラーを意識して少し重めに歌いましょう。

スラーとは音と音を発音し直さず滑らかに繋ぐことを言います。

スラーに関しては栄光の架橋でも詳しく説明していますのでそちらも参考にしてください。

サビ

サビのコード進行

| Cadd9 G | D B7 Em7 | Cadd9 G | D D#dim Em7 |

| Cadd9 G | B7 Em7 | Am7 | Cm D |

サビのポイント

猛烈に感情が昂って爆発していますね。

原曲では「声も顔も」の「こ」と「か」のkの子音をめちゃめちゃ強く歌っています。

好きだった、愛していたゆえの憎悪を表現しましょう。

それから「嫌いじゃないの」のところでD#dimという珍しいコードが使われています。

かなり緊張感のある響きのコードなのですが、D→D#dim→Em7と経過的に使われていますね。

このようなディミニッシュコードの使い方を「パッシングディミニッシュ」と言います。

そしてメロディーもこの曲の最高音であるど「ド」の音です。

この曲の最大のテーマである「別れたけど嫌いになりきれないつらさ」という感情が最も高まる時にディミニッシュコードとメロディーの最高音を被せているわけです。

スポンサーリンク

おわりに

ライムちゃん

Aメロ、Bメロ、サビに行くにつれどんどん”重い女”になっていったな…

たけちゃん

失恋がテーマだとどうしても重くなるよね〜。その重さをシャッフルビートを使うことで重すぎなくしてるところが絶妙なバランスですごいよ〜。

演奏ポイントまとめ
  1. 16分シャッフルビートを意識して演奏しよう
  2. m7コードで悲しみの中にある希望を感じよう
  3. ディミニッシュコードで「嫌いになりきれないつらさ」を表現しよう
  4. 失恋+シャッフルで別れたけどまだ好きという矛盾を表現しよう

以上で解説を終わります。原曲のリンクを貼っておきますので是非視聴しましょう。

ドライフラワー原曲

それからTHE FIRST TAKEのバージョンも素晴らしいので是非!

ドライフラワーTHE FIRST TAKE

【ドライフラワーのMP3データはこちら】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。