YouTube活動報告第2段!チャンネル登録者数1000人までの間に変わったことと今後の方針について

ライムちゃん

おおおおついに1000人行ったんか!やるやんけ!

たけちゃん

ありがとう。ついにYouTubeの収益化だー!

おかげさまで、2022年1月27日にYouTubeのチャンネル登録者数が1000人に到達しました。

動画を見ていただいた方々、そして何よりチャンネル登録していただいた方々に心より感謝申し上げます。

1000人に至るまでの期間や500人の時との心境の変化などを書いていきます。

500人到達時の記事はこちら

これからYouTube始めようかな…という方の参考になれば幸いです。

こんな人におすすめ!

  1. これからYouTube活動を始めようと思っているけどなかなか始められない方
  2. YouTubeをやることによってどんなメリットがあるか知りたい方
  3. YouTube活動にかかる時間に見合うリターンがあるかどうか不安な方
  4. 現状を打破したい方

スポンサーリンク

チャンネル登録者数1000人に至るまでの期間

1000人に到達するまでにかかった累計日数は299日です。

チャンネル登録者数かかった日数累計投稿本数累計日数
100人88日15本88日
200人44日22本132日
300人29日26本161日
400人28日29本189日
500人19日33本208日
600人19日35本227日
700人23日37本250日
800人17日40本267日
900人19日41本286日
1000人13日42本299日

ありがたいことに500人以降はかなり順調に登録者数が増えていきました。

500人の時との心境の変化

登録者500人の時は「早く収益化したい」「副業収益○○円」といったことばかりを意識していたように思います。

とにかく投稿せねばという焦りと、承認欲求が強すぎる状態でした。

ただ最近になって「世の中にどういう価値を提供できるか」「社会のために自分にできることは何か」といったことを考える時間が増えたように思います。

サラリーマンをやっている現状ですので生活の心配は無いし、すぐさま収益が必要なわけではありません。

それよりも人を笑顔にすること、幸せにすることに重点を置くようになりました。

YouTubeのコメント欄やSYNCROOMでのオンラインセッションを通して人と関わることで、楽しい時間を共有すること、みんなで楽しむことによって幸福度が格段に上がったのです。

これは今までの自分には無い感覚でした。

友達や自分に関わる人をもっと大切にしよう、感謝しようと思えるようになったことが、最近の1番成長できた点だと思います。

スポンサーリンク

今後の音楽活動の方針について

ライムちゃん

これからも弾き語り解説の動画をアップしていくの?

たけちゃん

そうだね、それに加えてSYNCROOMや作曲関連の動画も上げていきたいと思っているよ。

SYNCROOMによるオンラインセッション関連

オンラインセッションですが、新型コロナ感染拡大に伴いこれからとても流行るんじゃないかと思っています。

僕自身毎週末学生時代の友人たちとセッションを楽しんでます。

これが本当に楽しいんですよね。

ずっと1人で弾き語りの動画を投稿してきたのですが、やっぱり音楽は人と合わせてなお楽しいものになると感じました。

実際のセッションの動画やライブ配信もしていきたいなと思っています。

それからSYNCROOMの使い方や、オンラインセッションを楽しむ秘訣などを伝えていきたいです。

もう1つシンクルームを使ってやりたいことがあります。

それは「生ギターカラオケ」です。

アコースティックギターの伴奏で歌うことって、普通のカラオケにはない気持ちいい感覚があるんですよね。

加えてカラオケ好きな人口は、楽器が弾ける人口よりもはるかに多いはずです。

”歌う”ということはそれほど身近であり、「楽しい、好き」と感じている方が多い。

その様子をライブ配信で流して…なんてしていったら、さらに色々な人と音楽で繋がることができるんじゃないか、幸せにできるんじゃないかと考えています。

作曲(NFT)関連

ライムちゃん

NFT?アメフト?

たけちゃん

それはNFL。NFTとは「ノンファンジブルトークン」の略で、要するに絵や曲といったデジタルデータを1点ものとして販売する技術のことをいうんだよー。

最近よく耳にするNFTという言葉ですが、ブロックチェーンの技術を使ってデジタルデータの複製、改ざん、譲渡などをできなくしたデジタルデータの総称になります。

MP3やサブスクリプションが出てきてから、曲を聴くために高いお金を払ってCDを買って…ということは誰もやらなくなりました。

それによってミュージシャンの収入は激減したわけですが、その問題を解決しうる救世主になる技術なのではないかと見ています。

そしてそのデータの売買に使われるのが仮想通貨です。

ビットコインという言葉を聞いたことがあるでしょう。

仮想通貨にも色々な通貨があって、NFTでは基本的にイーサリアムという通貨でやり取りされます。

なんだか胡散臭くギャンブルのような印象を受ける仮想通貨ですが、正しい知識を持ってその技術を利用すれば、ものすごい利益をもたらしてくれるものです。

「なんだ、結局金儲けかよ…」

と思うかもしれませんが、収益を産むことなしに大人が何がしかの活動を続けていくことは不可能ではないかと思っています。

趣味にお金や時間を注ぎ込み1円の利益も産めないというものに対して、家族の理解を得たり、何より自分のモチベーションを保ち続けることは難しいでしょう。

そんなわけで、NFT、仮想通貨業界にコミットしていく作曲活動を展開していきます。

音楽活動の理念

まだ起業とかいう話では全然ありませんが、僕の音楽活動の理念は

「音楽を通じて日本に希望をもたらそう」

ズバリこれです。

昨今芸能人の自殺、凶悪な事件、自然災害の激化など、我々の生きる希望のようなものを根こそぎ奪ってしまうような報道が多くなったなと感じています。

特に自殺問題に関して、実は僕の学生時代の友人が1人、昨年自殺によって亡くなってしまった方がいました。

「何かできることはなかったのだろうか」

「こうしていたら防げたのではないか」

なかなか友人の死を受け入れられず、そんなことをずっと考えていた時期がありました。

そんなとき、僕が最近楽しんでいるようなオンラインセッションのコミュニティがあれば全然違ったのかな、と思います。

週1回でも時間を作って、そこに参加するとみんな受け入れてくれて、セッションを楽しんだり話をしたり悩みを聞いたり…。

安心して確実に楽しい時間を共有できるコミュニティにみんなが参加できていたとしたら、日々の生活にも希望を持てるんじゃないかと。

音楽にはそういう力があると信じていますので、1人でも多くの方に生きる希望みたいなものを提供していきたいと考えています。

おわりに

僕の音楽活動も、結局は見てくれている方々がいらっしゃるために成り立っているものです。

見てくれる人にとって有益な情報は何か、解決できそうな悩みはなんだろうか、どんなコンテンツを楽しんでくれるだろうか。

これを考えることを忘れずに今後も音楽活動をライフワークとして続けていきたいと思っています。

チャンネル登録してくれた方々、このブログを見て下っている方々に改めて感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。